RSS   |   Archives


おすすめ











 

スポンサーサイト

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

Re: はじめて公開された日本政府がイラク戦争を支持した裏側

 

天木様

いつもお世話になっております。

> 朝日新聞はとてもよい検証をしてくれた。

これは、あくまで「今や余りにも不毛になった大手新聞にしては」との前提とお察し致します。

福田元首相の話は、例の、後になって「実は私もあなたと同じ思いだったのですよ」と言ってくるのと大して変わらないと思います。

「イラク市民10万人殺すのを認めるのか、日米関係悪化でもよしとするか、二つに一つだ!」と突きつけられ、「前者を選びました。いい選択でした」と言っているようにすら聞こえます。
かつての重光葵首相などだったら、別の決断をしたのではないでしょうか。

> 福田元首相はこのような事を軽々しく口にすべきではなかったと思う。正直な人なのだろう。

これも、「日本の民度を考えれば」という前置きがあってのことと思いますが、それは、突き詰めれば、3.11原発事故の際、政府が「起っている本当のことを伝えると、国民がパニックになるから、あえて隠した」という言い分と同根に思えてきます。

もしも民度の高い自立した国民が多勢を占めるようであれば、外交問題にしろ何にしろ、政府は全て国民の前でオープンに語って何ら問題なく、またそうしてこそと思うのですが。
ジュリアン・アサンジ氏も、ウィキリークスを始めた動機には、おそらく似たような考えもあってのことだろうと想像しています。

小泉首相が記者会見でイラク攻撃・支持を表明した当時、居合わせた記者が誰一人として異を唱えず、ただ黙って聞いていた様を、作家の辺見庸氏は「ただのクソバエたち」と吐き捨てていました。
国民に対しても「何故、小指の先から、ほんの少しだけ血を流すくらいの痛みすら、請け負う気がないのか?!」と。

昨日朝、出かけにNHKラジオニュースで「...これは、将来的に国内の***でF35の修理等も行うことを視野に入れてのことと考えられます」などと聞こえてきました。(聞き間違えかもしれませんが)

世の中、便利になって、よりシステム化される一方で、善悪への感性が麻痺、摩滅してしまっている人の増殖もかなり深刻と思います。

今後ともよろしくお願いいたします。

T/メルマガ読者


関連記事 :

keyword : 日米関係

Comment




ブログ内検索

プロフィール

T

T
政治観:リベラル


カウンター


QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。