RSS   |   Archives


おすすめ











 

スポンサーサイト

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

IWJ岩上氏、孫崎氏、宇都宮健児氏の対談

 
今日の孫崎氏Twitterで紹介されていた標記対談動画を見た。
悪い奴と闘い続けている宇都宮氏は立派な人に違いない。今回の都知事選でも最も知事に相応しい候補と思う。

ただ、菅直人元首相に何度か言及した時のニュアンスが気になる。もっと酷いのがその後に出てきたとはいえ、あの時点ではまさしく史上サイテーのクズ首相、クズ政権であった。すでに3.11以前にそれが顕わになりつつあったが、3.11の対応の拙さでついに決定的になった。だからこそ、故・西岡参院議長などが菅氏をコテンパンに批判し、即刻の退陣を迫ったのである。

宇都宮氏は、大阪の橋下氏について、同じ弁護士同士ながら姿勢は対極だと語られていたが、菅氏についても同様だろう。もし宇都宮氏が評判どおりの誠実な人ならば、菅氏は不誠実の極みだからだ。

しかし、そんな人物から、3.11原発事故対応時の首相の本音を語った本を贈ってもらったとか、今回の立候補への支持を頂いた、などと言われる。真っ当な感覚の持ち主ならば、どちらも噴飯ものだ。
しかも、ことに原発事故対応であれだけの失態を演じた菅氏への評価抜きに語られては、不信感が募るだけだ。

これが、週刊金曜日の編集委員も努める、この国の「市民派」を頼らざるを得ない宇都宮氏の限界なのか。
孫崎氏もそれは逸早く察しておられたような気もする。
菅氏を是々非々で非難できない似非「市民派」のご機嫌を取るようでは片手落ちだ。

関連記事 :


Comment




ブログ内検索

プロフィール

T

T
政治観:リベラル


カウンター


QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。