RSS   |   Archives


おすすめ











 

スポンサーサイト

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

祝!「戦後史の正体」20万部突破

 
つい先日、12万部だったのが14万部になり、いま孫崎氏Twitterを見たら何と20万部!孫崎氏絶好調!
だが、孫崎氏のご発信に学んでいる端くれとして、単純に喜ぶわけにはいくまい。「20万部突破の正体」を考えねばならない。

たしかに大手メディアはまるで紹介しない。黙殺だ。それほど、米国とそれに連なる支配層にとって都合が悪い本だからだ。そこで、
「でも、今や既存メディアの宣伝など無くても、ネットの威力で本が売れる時代なのですよん♪」と無邪気に喜ぶ孫崎派。

ああ、米国のイヌたちの高笑いが聞こえるようだ。連中を侮ってはいけない。20万部の殆どを「思いやり予算」で買い占め、全部ドブに捨てたからだ!-と想像してみる私めであった。
しかし、何処かの怪しい宗教団体の教祖が本を出して「ベストセラー」にランクされるも、その実、信者にせっせと買わせていただけで、一般人は全然読んでいなかった-とはよく聞くところだ。

一冊の本が社会を変えた-本当にそんなことが起きたら、日本もまだ望みはあると思う。
20万部の内訳が知りたいところだ。

関連記事 :

keyword : 孫崎享

Comment




ブログ内検索

プロフィール

T

T
政治観:リベラル


カウンター


QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。