RSS   |   Archives


おすすめ











 

スポンサーサイト

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

Re: 谷垣前自民党総裁を叩きのめした野田首相の言葉

 

天木様

> 非情、厚顔、融通無碍、それらを平気で使い分ける現実主義者の野田首相こそ、最も危険な政治家であるに違いない。

国が国だったら、あるいは時代が時代だったら、こんな人物は今頃は何がしかの手で倒されていることでしょう。
それほど誰の目にも余る酷さでありながら、首相の座に安穏としていられるのは、もはや日本の政治システム上の欠陥でしかないと思います。

かつて、耐震偽装問題が取り沙汰された際、専門家から「これまでは設計者の良心を信頼していたから、性善説が通用したから、あえて制度としては厳しいチェックをしてこなかった」と指摘がありました。

今や、日本の首相も同様ではないでしょうか。「常識的に考えて、いくら何でも、そこまで酷いことはしないだろう」が通用しません。

国民が「どうしようもなくダメな首相」と烙印を押したら、即刻クビにできるシステムが、それがどんなに頻繁に生じても、もはや絶対必要な状況になっていると思います。

T/メルマガ読者


関連記事 :


Comment




ブログ内検索

プロフィール

T

T
政治観:リベラル


カウンター


QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。