RSS   |   Archives


おすすめ











 

スポンサーサイト

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

孫崎享氏Twitter 2012.09.02

 

政治家

民主党は野田、前原、自民は町村、石破とみえみえの米国隷属の政治家が、何故日本国内では指導者の地位を狙えるのか。


そんな、どうしようもない国に成り果てるまでの過程を教えてくれるのが、孫崎氏の「戦後史の正体」である。
今しがたは、テレビニュースが何処かでやった前原氏の講演を伝えていた。

「...維新の会、みなさんがよくご存じなのは橋下さんくらいですよね...その他の、政治経験の無い人たちばかりが国会議員になったら、この国の政治はどうなるのか...」

現に「こんなになっちまった」じゃないの。
思えば、政権交代前の自公も民主党に同じ台詞を吐いていた。そして、今や殆どの国民が思っているのは「やっぱり、前原たちのような実質の政治経験がない連中に、この国の政治を任せたのは大失敗だった」-これだろう。

しかし、前原たちの一番の問題は、決して「経験不足」ではあるまい。それを補うために不可欠な、オープンかつフェアな態度で広く国民に協力を呼びかけるような政治を一切してこなかったことだ。自公政権の「上意下達」そのままだ。

会社生活でもそういう管理職をしばしば目にする。誰からも能力不足、経験不足と見られており、何か問題が起きると、まともに解決できない。だが、実はその部下、あるいは近くの部署に解決できる人間がいたりするのである。しかし、こういう無能な管理職に限ってプライドだけはやたらと高く、部下や他部署に教えを乞うなど、まずできない。それで自分だけで問題を抱え込んでニッチモサッチモ行かなくなって、ついには暴発して終わる。その尻拭いをさせられるのは、もちろん部下たちだ。
また、こういう硬直したタイプほど、決まって上には滅法従順なのである。

前原氏の場合、「上」とは即ち米国だ。いつだったか、マスコミなどが首相候補No.1と言っていたが、マスコミもトップは米国隷属と見なければ到底理解できないことだ。

残念ながら、今の日本は何処を見ても、何故か人としてのレベルが低い者ばかりが、エラいポジションについてしまっていると思う。
社会のそんな劣化をなんとか食い止め、少なくとも前原氏のような人間がテレビ画面から消えないようでは、日本の再生もない。

関連記事 :


Comment




ブログ内検索

プロフィール

T

T
政治観:リベラル


カウンター


QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。