RSS   |   Archives


おすすめ











 

スポンサーサイト

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

Re: 小沢新党の政策綱領をどう正しく導くか

 

天木様

いつもご活動ありがとうございます。

小沢氏離党の報道の中で、2名は前言撤回で民主党に残ると伝えられました。
その一人、辻恵氏について、私はよく知らないものの、たしか小沢裁判のデタラメさを暴く側の主要メンバーだったと思います。
「そういう人でも土壇場になると逃げるのか。まるで、てっきり市民派だと思ったらとんだ食わせ物だった菅直人のようだ」と思わずにはいられません。

もしもこれが見当ハズレではないならば、そういう人物がどんな立派な政策を掲げようが無意味です。

政治家に正しい政策を明示してもらうことも大切ですが、裏切ってその政策実行に逆行する言動があっても何の法的罰則もない今の仕組みの中にあっては、公約を破ったり、一般国民が望まないことをやり始めようとするなど、その他諸々、一般国民が裏切り行為と見做す行為をした場合にどう責任を取るのか、政治家自身に具体的に明言して欲しいと思います。
「何かご不満があれば、選挙の際に投票行動でどーゾ」ではやってられません。
政治家に性善説など通じようもなく、もはやそれをチェックするマスコミもまるで当てにならない以上、政治家の挙動が狂い始めたら、リアルタイムで国民側からフィードバックをかけて軌道修正が可能になるよう、政治家自らがそんな「国民による実質の手枷足枷」の仕組みを提示でもしてくれないことには、信頼できる政治家など皆無と思うしかありません。

T/メルマガ読者


関連記事 :


Comment




ブログ内検索

プロフィール

T

T
政治観:リベラル


カウンター


QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。