RSS   |   Archives


おすすめ











 

スポンサーサイト

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

TBS-サンデーモーニング 2012.07.01 ダメ出し再び

 
目加田氏が出演すると今だにアクセス増となる弊ブログ。やはり人気がある人なのだろうか。
だが、その発言はいつもの如くマヤカシだ。今日は、消費税増税が必要なことは、国民はみんな分かっている。ただ、増税分を(社会保障等に)どう使うのか、全く説明がないので、これでは納得いかない-たしかそんな風に言っていた。
冗談ではない。消費税を上げなければならない確たる理由など、政府は全く説明しないではないか。
首相だった菅直人がいきなり消費税10%アップを言い出した参院選で、民主党は当然の如く惨敗した。
3人に2人が非正規雇用という格差社会は一向に改まる兆しがない。
その割を食っている側にとって消費増税はキツイ。目加田氏ら、この番組に出ているコメンテーターのような金持ち連中には痛くも痒くもないのだろう。一人くらい、ビンボー人のコメンテーターを入れたらいい。米国には膨大な「思いやり予算」等、相変わらず貢ぎ続ける一方、特権官僚ら支配層は国民のためには何ら汗を流すことなく、連中の欲のために国民の稼ぎ(税金)があまりにも浪費されている、というのが実体ではないのか。
そもそも、そういう自公政治にいい加減ピリオド打つべく、当初は民主党に政権を託したことくらい目加田氏も分かっているハズだ。
しかし、フタを開ければ「事業仕分け」などというイカサマだった。あんなガス抜き芝居で「これで税金の無駄遣いは全てなくなった」と思うバカが何処にいるのか。
目加田氏のような、一見、一般市民の味方風の「有識者」というのは実にタチが悪いと思う。

どうでもいいが、ついでに浅井信雄氏について-
番組の何処かで民主党は、(政権運営に)慣れていないために失敗した-とか言っていたが、そんなことではないだろう。慣れていないのは確かだろうが、それなら国民に正直にそう伝えて「国民のみなさんの助けが不可欠です!」と広く協力を呼びかければいいだけのことだ。本気で国民のための政治をやろうとしている姿が映れば、誰しもこの政権を支えようとするだろう。要は、目下実権を握っている民主党の面々には人望が全くないのである。
つまり、本当の問題は、松下政経塾という対米隷属の巣窟の出身者による詐欺グループが民主党を乗っ取っていることだ。彼らは佐高信氏曰く?の「米主」党でも結成した方がいい。

そして、どうにも目立ったのが田中秀征氏の滅裂な小沢氏批判だ。これも今さらどうでもいいが...


関連記事 :


Comment




ブログ内検索

プロフィール

T

T
政治観:リベラル


カウンター


QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。