RSS   |   Archives


おすすめ











 

スポンサーサイト

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

Re: 読売新聞に原発を語る資格はない

 

天木様

ご紹介の「原発・正力・CIA」は是非読まねばと思います。
一方、原発事故に関する4/5-読売新聞・世論調査の結果は、「この期に及んでそんなはずはないだろう!」
と力んでみても、残念ながら、やはりこの程度なのでしょうか。
実際、職場で原発事故が話題になって、私が政府・東電を悪し様に言っても、大方の同僚たちには奇異に映るようで、皆引いてしまいます。
何か、公然と上司の悪口言っているのを聞いてしまったかのようなバツの悪そうな態度です。
若い連中は「はあ、やっぱりヤバイんですかねえ」といった具合です。
実は同僚の中には、政府・東電のような「権威」に私が楯突いた喋りをすること自体が不愉快と言わんばかりの者もいます。

しかし、逆に、こういう反応を示す国民を増やそうと思ったらどうするかと考えますと、そのために必要なことを、長年に渡ってこの国の支配層は抜かりなく続けてきた、今もなお続けている、小沢氏へのネガティブ・イメージ作りが上手くいくのもそれ故-そういうことなのだと思います。それは、ひとことで言えば日本人から「芯」を抜いてしまうことではないでしょうか。
いくら頭がよくても、クラゲやコンニャクなら、どんな酷い目に遭おうが覚醒することもない。
「流れ」に身を任せるだけだと思います。
一方、ドイツでは、日本ほど地震、津波の心配がないのに、福島原発事故を受けてさっそく10万人規模の反原発デモが起き、原発政策も見直しになったというのですから、キッカケさえあれば、健全に反応することができる芯のある国民が育っているのだと感じる次第です。

T/メルマガ読者


関連記事 :


Comment




ブログ内検索

プロフィール

T

T
政治観:リベラル


カウンター


QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。